読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を切り裂く流れ星

目指してるスター

『東 SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦』〜 新橋演舞場でも大西畑は超絶かわいい編 〜

 

大事なこと。忘れたくないこと。忘れちゃダメなこと。大西畑好き(自分)の大西畑好き(自分)による大西畑好き(自分)のための『東西SHOW合戦』大西畑備忘録です。特に大西畑案件が起こりがちだった、記録として残しておきたい曲をピックアップしました。春松竹が初日を迎える前に更新出来れば…と思っていましたが、余裕で間に合いませんでした。春松竹も残すところ8公演。最後まで怪我なく、千秋楽を迎えられますように!

 

★ BIG GAME
全ての公演でやっていた訳ではないみたいですが、「過ぎてく毎日を見逃してる〜♪」パートで背中合わせ→西畑さんが両手を広げ大西さんにもたれかかる→大西さんが軽くケツアタック…という流れが好きでした。このパートでも大西畑の背中合わせが見れるとは…!4人という少人数でのビグゲだったからこそ見ることが出来た背中合わせ、大西畑の背中合わせ大好き芸人として、心が弾んで仕方ないオープニングでした。
「そこに何があるかは知らない〜♪」パートで背中合わせ。客席から見えない方の手でお尻を触っていたり、いなかったり。触り返していたり、いなかったり。大西畑で背中合わせになる際に、互いのお尻を触り合うことを「需要と供給で成りたってる」と語っていた西畑さん。需要と供給の(セクシャルハラスメント)大西畑………


Ho! サマー
「うわーーー!!!大西畑ーーー!!!超かわいいーーー!!!東西SHOW合戦ーーー!!!新橋演舞場ありがとーーー!!!」…心情はこんな感じでした。かわいい…とにかくかわいい…後ろから大西さんの腰に手を回した状態で横に揺れる西畑さん、大西さんの頭を撫でる西畑さん、振り返って微笑む大西さん、「恋はサーフィン♪」パートでは腕を大きく回して波をかき分ける大西畑、かわいい…なんなの…かわいい…


★ SHOW&SHOW
歌割りに大西畑パート(「常識など蹴散らしてやる」、「Come on break it down 怖いものはない」)(歌詞はニュアンスです)あり。大西畑パートの後は向かい合わせになり、投げチュー(高速だったり、連続だったり、バリエーションが豊富…)を飛ばし合ったりと、何かと楽しそうで見ていて微笑ましかった。


★ 雅

f:id:pdrd:20170304200451j:plain

f:id:pdrd:20170319164115j:plain

なんといっても、このフォーメーション。最高でした。


★ 愛を叫べ ★ 猫中毒
高地優吾さん・西畑大吾さんが愛を叫んだ後、ステージのセンターに現れる一匹の猫ちゃん。もとい、大西流星さん。猫耳肉球手袋・尻尾(全てピンク)を身につけた大西さんを見て、「かわいい!あぁ!かわいい!」と叫びながらハケたり、イントロ部分の猫ポーズをしてからハケたり…と、職権乱用しまくりだった西畑さん。


★ Brave Soul
ソロで「星をさがそう」を歌い終えた西畑さんに棒を渡す係だった大西さん。暗転したステージに、両手に棒を持った大西さんが現れ、着替え終えた西畑さんがその棒を受け取る。下手から登場する西畑さんが持ちやすいように、右手に持っていた棒を少し前に差し出す大西さん。その棒を左手で受け取る西畑さん。西畑さんが棒を受け取った後、左手に持っていた自分の棒を右手に持ち替える大西さん。暗闇の中で行われるこの作業がたまらなく好きでした。この大西畑による棒の受け渡し作業は春松竹でも見れるので、「ツキノミチ」終わりは是非、下手に注目してみてください…!!!


★コント(西畑:警察官役、大西:妖精役)
PとYS。問題のPとYS劇場。正義感が強過ぎるあまり、些細な事で発砲してしまう警察官(西畑さん)と、イタズラ好きでぶりっこな妖精(大西さん)。「不審者を捕まえたんですよ。危ないんで見てもらってもいいですか?」と西畑警官に連れられて登場する妖精の流星。妖精ちゃんの右腕には手錠。西畑警官の左手にも手錠。妖精ちゃんの右腕にかけられた手錠を、ずっと左手に持っている西畑警官。暖炉の前が定位置の西畑警官、妖精ちゃんの定位置は2階の小窓。「西畑警官逮捕!!!」…って言いたくなるような場面も多くありましたが、妖精ちゃんのことを可愛がり(下ネタから)守ろうとする警官さんは正義と妖精ちゃんの味方でした。回を重ねるごとに、警官さんと妖精ちゃん、2人の空気感が優しくなっていって、大好きでした。コントコーナー。


★ Bring it on
関西Jr.の新曲。かっこいい。タイトルからしてかっこいい。滅茶苦茶に破茶滅茶にかっこいい。「かんじゅ日誌」で大西さんも言っていましたが、歌割りが新しい。1番は向井・室、2番は西畑・大西が担当していたと思います。2番のサビは大西畑による掛け合い。もう、「かっこいい」しか言葉が発せなくなるくらい、ただただ、かっこいい。そして衣装がギラギラ眩しい。最高。

f:id:pdrd:20170415024557j:image

(※このジャケットでした)


★ サムライダー
侍龍太(リーダー)、侍康二、侍大吾、侍流星4人で、サムライダー。たこ焼きベルトの色は侍龍太(紫)、侍康二(青)、侍大吾(黄色)、侍流星(赤)。


・タライ落とし
大西さんは得意そうでした。2/18 昼夜公演を観て、「タライ落としの天才…」と思ったほど。西畑さんは紐を離すタイミング、握るタイミングを掴むのが苦手なのかな?チャレンジ前、侍流星に「髪の毛少ないから大丈夫!」って言われてたの笑いました。大丈夫じゃない。


・ロシアンたこ焼き(シュークリーム)
2/22 夜公演、辛子入りのたこ焼きを引き当ててしまう大西さん。辛さのあまり涙目になりながら龍太くんに抱きつく大西さんを見て「めっちゃかわいい…めっちゃかわいいやん…(泣)」と悶える西畑さん。ステージ上で、ふたりして悶えている大西畑。どんな光景よ。


・足つぼ大縄跳び
ステージ上に運ばれて来た足つぼマットを見て、「うわ、出た〜」「いやや〜(泣)」と分かりやすくテンションが下がっていた大西畑。連続で10回飛べたらクリア!という試練だったと思いますが、3.4回で引っかかっていたような気がします。


★ FIGHT ALL NIGHT
2/22、昼公演・夜公演ともに事件でした。セットの間を潜り抜けながら歌っていた大西さん。そんな大西さんのことをストーキングしはじめる松村北斗さん。チラチラと後ろを振り返りながら、逃げ続ける大西さん。構わず追いかけ続ける松村さん。事態に気付き、ふたりの間に割って入り、松村さんのことを止める西畑さん。西畑さんに止められ、一度は追うことを止めるものの、再び追いかけはじめる松村さん。この繰り返しでした。夜公演に至っては、階段から飛び降りて止めに入っていた西畑さん…最終的には、松村さんに向かって殴りかかるフリ(威嚇)。公演が終わり、なんだか、とんでもないものを見てしまった…と軽く放心状態に陥りました。


★ LOVE

f:id:pdrd:20170309193506j:plain

大サビ、‪SixTONES ‬× 関西Jr.の10人で輪に。大西畑は向かい合う形。「だから愛を愛を!」パート、大西さんへ手を伸ばし訴えかけるように愛を歌う西畑さんが好きでした。なんというか、気迫がすごかった。


★ SHOW&SHOW
アンコールの「SHOW&SHOW」幕が上がると大西畑は基本、下手にいたと思います。「常識など蹴散らしてやる」、「Come on break it down 怖いものはない」パートでは2人で肩を組み、ぴょんぴょんと飛び跳ねながら下手まで移動したり、チュー顏で迫る西畑さんの頬を大西さんがソフトビンタしていたりと、超、大西畑。愛しさのかたまり。「常識など蹴散らしてやる」「怖いものはない」と歌う大西畑を見て、「うわーーー!!!好きしかないーーー!!!」と、頭を抱えて終わる東西SHOW合戦、最高に楽しかったです。

西畑「この中で言うたら大西と俺は”かわいい”を担えるんかなと思うから合体して”大西畑”で何かを」@TV navi 2017年3月号

西畑「俺は大西とかわいいアイドル曲をやりたいなっていうのはあるね。‪SixTONES‬さんにできなくて、俺と大西にできることはたぶんそれくらいかなって」大西「それいいね。カッコいい系はジーコと龍太くんに任して」@STAGE navi 2017 vol.12

匂わせでも、「やります!」という宣言でも何でもなく、本当に何も決まっていなかったような段階で「”大西畑”でアイドル曲をやりたい」と口に出してくれていた西畑さん。この言葉がとってもとっても嬉しかった。クリパで披露された『New Day』は西畑セレクトの大西チョイスだったそうです。西畑さんが提案した2曲から、「ちょっとカッコいいめの曲にしたいなと思って」と『New Day』を選んだという大西さん。結局、「東西SHOW合戦」で大西畑曲を見ることは出来ませんでしたが…もう、これで大西畑曲まであったら過剰摂取で終演後即病院送りです。命拾いしました。また、いつか、大西畑2人での曲が見れることを願って!


改めまして「東西SHOW合戦」全16公演、お疲れ様でした。記事タイトル通り、新橋演舞場でも大西畑は超絶かわいかった。かっこよかった。つよかった。あぁ、楽しかった。この「東西SHOW合戦」期間中、西畑さんが大西さんのことを”姫”と呼びはじめたり、”姫”と呼びはじめたり…そして…”姫”と呼びはじめたり(未だ処理出来ず)と…様々なことが起きていたようですが、何はともあれ、約1週間の公演、本当にお疲れ様でした!心の底から、大西畑はいいぞ〜〜〜!!!